本文へスキップ

   Gifuken Dental technologists Association

電話でのお問い合わせは058-273-0106

会員専用ページ

お知らせ NEWS

トップページ > INFORMATION > お知らせ > CAD/CAM冠 下顎第一大臼歯の診療報酬算定方法の一部改正について
INFORMATION

お知らせ / デジタルコミュニケーションズ / 行事予定 / 活動報告 / 広報誌

お知らせ

2017年12月27日
CAD/CAM冠 下顎第一大臼歯の診療報酬算定方法の一部改正について
これまでのCAD/CAM冠大臼歯については、歯科用金属を原因とする金属アレルギーを有する患者に関し、条件付きで算定出来ました。
今回、材料価格基準の一部改正に伴い留意事項等が一部改正されましたので2017年12月1日からの新たな適用要件などは下記のとおりです。

 1.上下顎両側第二大臼歯が全て残存し、左右の咬合支持がある患者に対し、過度な咬合圧が
  加わらない場合等において下顎第一大臼歯に使用する場合に算定できる。

 2.製作技術点数 1,200点で同じである。

 3.大臼歯に使用した材料点数 523点(特定材料)(参考:小臼歯は382点)

 4.2018年3月31日までの間に限り、金属アレルギーを有する患者の場合は、従来の材料を
  使用しても算定できる取扱となっている。

 5.使用した材料の名称およびロット番号等を記載した文書(シール等)を歯科医療機関側に
  提供する。